FEDECA

ダマスカス鋼の魅力。美しい波紋。

ステンレスを積層鍛造したダマスカス鋼と呼ばれる高級材を刃に採用。

その特徴は、一般の材料よりも硬く粘りを持ち、切れ味の持続がよいこと。
さらに耐腐食性も高く、錆びにくい仕様となっています。

また刃先の芯材部分にはV金10号という高品質の材料を使用し、鋭い切れ味を実現。
積層構造による日本刀のような美しい波紋は、職人によるハンドメイドにより、
1本1本すべて異なる模様が表出されます。

自然由来の素材をハンドルに。

いつも手に触れるハンドル部分にはアセテート樹脂・吉野杉・
鹿角といった自然由来の素材のみを採用。

自然素材だからこそ使い込むほどに出る深い味わい、
大切に使えば使うほど愛着の湧く、一生ものの逸品です。

アセテート

綿花と高純度パルプから作られた植物由来の繊維からなる樹脂材アセテート。 植物性の自然素材から作られているので肌に優しくアレルギーも少なく、温かみがあるのが特徴です。 また、石油系の樹脂に比べ非常に透明度が高いため、鮮やかな色を表現します。

吉野杉

日本を代表とする高級ブランド材。均一で緻密な年輪による柾目、特有の木肌の美しさを有します。 天然シリカ配合オイルをコーティングすることで、杉の風合いをそのままに、撥水性と更なる強度を持たせ、 様々な生活環境での使用を可能にしました。世界最古、室町時代から計画的に植林、育成、 伐採を繰り返すサスティナブルな植林サイクルにより生み出された吉野杉。まさに世界に誇るべき「日本の木の文化」の象徴です。

鹿 角

日本で古来より「神の使い」として大切にされてきた鹿。 神聖化されたイメージからその角は高貴で力のある人の象徴、吉事をもたらす縁起物として珍重されてきました。 戦国時代には武将達の多くが鹿角の兜を身に着けていたのは有名な話です。 独特のカタチと色のコントラストを持ち、ワイルドな印象を与えます。

※2016年3月をもって廃番となりました。引き続き、特注品として受注生産を承っております。